mp4動画をAviUtlでつくるためには?

AviUtl

誰かに見せることが目的ではない動画とは?

ネットで公開されている動画には
誰かと共有したくなる内容もありますが・・・

自分だけが、必要とする動画もありますよね?
私は、ここからスタートしました

無料でつかえる動画編集ソフトとして
「AviUtl」なるものを知ったとき・・・

正直なところ、拡張しないとダメなん?
って思いました

めんどくさかったり
導入が大変だったら・・・

たぶん諦めていたと思います

動画といっても、映像と音声の組み合わせで
ファイル形式が様々・・・

現在、一般的に知られている「.mp4」で
動画として作れたらOK

これくらいに思って始めています

 

AviUtlに追加するプラグインとは?

「L-SMASH Works」というプラグインを利用すると
AviUtlで、mp4形式の動画が読み込める

というもの・・・

編集し終わって、保存するときには

「L-SMASH Works」ではなくて
他の出力用プラグインをつかう

編集しはじめた動画で、画質を改善しようとか
テキストや、他の画像を追加したりとか

元データだったり、編集後のデータとして
「.mp4」形式の動画が利用できるようにするため

「L-SMASH Works」を使っている気がします

どこまで、どんな編集を想定していて
どれくらいの時間をかけて処理したいのか・・・

編集しおわった動画が、どれくらいの画質で
どれくらいの容量に抑えたいのか・・・

このあたりが具体的になったら
いろいろと、「AviUtl+〇〇」で調べると

知りたい情報が得られるかと思います

ちなみに・・・

ファイル形式の変更だけなら
他のプラグインを使わなくとも

「L-SMASH Works」だけでも
よさそうな感じですが・・・

 

L-SMASH Worksを追加する手順、設定とは?

AviUtl、拡張編集について
公式サイトからダウンロード

そして、導入できている前提で
紹介していきます

※まだの方は・・・他のサイトを参考にしてください

AviUtlで「.mp4」形式のファイルを
編集できるようにするためには

拡張編集が導入できていたら
同じ感覚で、追加することができます

あ、あれと同じか・・・できそうだな!
と思えたら、きっとうまくできます

 

まとめ

AviUtlを起動して、プラグイン追加
追加するものを指定

こういう感じなら、イメージしやすいのですが・・・

実際には、ファイル操作なので
手順が正しいかどうか

きちんと動作してくれるか・・・

このあたりは、実際に動かせて
はじめて判断できる

なかなか、厄介な拡張方法でした

動画編集の環境を整えるには?

パソコンゲームのプレイ状況を
後で見直すのが目的なら

YouTubeのように、配信も動画も利用できるような
サイトを活用すればいいです

必要となる機材やソフトとして
用意するものが少ないです

無料で利用できる動画編集ソフトは?

ゲームの見直し動画だとしたら
YouTubeを利用できるだけで済むかもしれませんが・・・

友人に、シェアしようとなったときに
不要な部分をカットしたいと思うかもしれないですよね?

また、音声の音量や生活音の代わりとなるBGMの追加など
動画の編集が必要になってくるかもしれません

そこで、私が用意したソフトとは・・・

配信、録画のためにOBS Studio
加工、編集のためにAviUtl

どちらも、無料で利用することができる
パソコンのソフトウェアです

具体的な利用方法を、ネットから情報収集できる方であれば
私と同様、動画編集ができるようになります

コメント